使いやすいソファ×リビングテーブルの相性とは?選び方のポイント [2016.06.03]

ソファはリビングの主役ともいえる家具。
リビングテーブルと一緒に置いている家庭が多いのではないでしょうか。

 

どちらもパッと見はお洒落なデザインでも、サイズ的に相性が良くない物を選んでしまうと、使い勝手が悪く実用的ではありません。

 

今回は使いやすいソファとリビングテーブルの選び方のポイントをご紹介いたします。

これからソファとリビングテーブルを新たに揃える方はもちろん、
すでにソファ又はテーブルのどちらかだけを使っているという方にも、今後の商品選びの参考にして頂ければと思います!

 

ソファとテーブル選びのポイントとは?

使い心地を左右する大事なポイントは、「ソファの座面の高さ」「テーブルの高さ」です。

 

理想的な高さはリビングでの過ごし方によって変わってきます。

テレビを見たり、食事をしたり、仕事をしたり、子供と遊んだり…リビングでの過ごし方は人それぞれですよね。

 

生活スタイルに合った「ソファの座面の高さ」と「テーブルの高さ」を知り、相性が良くて使いやすい組み合わせを選ぶ必要があるのです!

 

ソファとテーブルをセットで使うことが多い場合

(2)040107761_g_015_bt_interior_m_600

 

お洒落なカフェでたまに見かけるソファ×ローテーブルの席。
お茶をするだけならいいのですが、食事をする場合は前かがみの姿勢になってしまい食べづらい…そんな体験ありませんか?

 

リビングで食事をしたり、仕事や勉強などの作業をすることが多い場合は、ソファ座面の高さより少なくとも8cm以上の高さがあるテーブルが理想的と言われています。

ソファから選ぶ場合は、実際に座ってみて食事や物書きをする時の姿勢をとってみてください。
そして自分にとって使いやすいテーブルの高さは何cmか確認してみましょう。

 

仕事や勉強に使うことも想定しているのなら、天板は最低限パソコンやノートなどが広げられるサイズで、長方形や正方形が理想です。
円形や三角などの変わった形は避けた方が良いでしょう。

 

しかし、高さのあるテーブルは使いやすいけど、圧迫感があってリビングが狭くなるのでは…?という心配もありますよね。
そんな問題を解消する方法をご紹介します。

 

ローソファ×ローテーブル

(3)040107761_g_016_bt_interior_m_600

 

ローソファ×ローテーブルの組み合わせなら、使いやすく圧迫感が無いリビングを実現できます。
小さなお子様やペットがいるご家庭に人気のローソファ。
お子様と一緒にお絵かきをしたりおやつを食べたりすることも出来ます。
また、冬にリビングテーブルをこたつテーブルに変えても、ローソファなら相性が良いのでそのままお使い頂けますよ!

 

(4)040113641_g_020_600

 

高さの調節が可能なリフティングテーブル

(5)040107066_w_002_wg_010

 

用途によってスタイルを自由に変えられる便利なリフティングテーブルです。
普段はローテーブルとして使い、食事や仕事をする時は使いやすい高さに調節!
臨機応変に使えるので、もちろんリビング以外の部屋でも活用できます。

 

リビングダイニングテーブルセット

(6)040600803_g_008_600

 

ダイニングルームとリビングルームを分けずに、ソファダイニングにするという手もあります。
テーブルが1台になるので、お部屋を全体的に広く使うことが出来ますよ!

 

ソファとテーブルの見た目のバランスを重視する場合

次は、リビングではくつろぐだけなので見た目のバランスを重視したい、という場合の選び方です。

一般的に、テーブルの高さがソファの座面高と同じ~+5cm以内だとバランスが良いといわれています。

 

見た目重視であればソファ&テーブルセットで販売している商品もオススメです。
アレコレ探すことなくお手軽に統一感のあるインテリアにすることが出来ます。

 

(7)040118576_g_001_600

 

また、テーブルは飲み物やリモコンや雑誌など、ちょっとした物を置くだけ。
あれば使うけど、無くても困らない。

そんな程度にしか使わないのであれば、折りたたみテーブルでも十分かもしれません。

テーブルが必要な時以外はしまっておけるので、リビングがすっきりした印象になります。

 

(8)040600996_g_007_600

 

リビングにソファもテーブルも置くと狭くなる!でも床にいろいろ置きたくない…という場合

リビングが狭くなるからテーブルは置かない派!という方もいるでしょう。
でも、飲み物やテレビのリモコンなど、床にいろいろ置くと散らかった印象になりますよね…。

サイドテーブル

(9)040119240_g_006_600

 

リビングテーブルほど場所を取らないサイドテーブル
ソファの肘掛けの高さに近いサイズのサイドテーブルを一緒に置くと、飲み物や本などを置くのに便利です。
または、肘掛の幅が広くて物が置けるようになっているタイプのソファもオススメです。

 

テーブル付きソファ

(10)040107794_g_001_600

 

こちらは背もたれを倒すとテーブルになるソファです。必要な時にだけテーブルを出せる便利な構造!
合皮素材のソファなら汚れに強いので、飲み物をこぼしてしまってもサッとふき取ればOK。

ソファ1台でリビングをスッキリさせたい方にオススメです。

 

最後に

ソファとテーブルの使いやすさの基準は人それぞれです。

購入する前に、リビングでどのように過ごすのか、どんな生活スタイルになるのか考えてみましょう。

見た目のバランスも実用性も納得できるソファとテーブルを見つけて、快適なリビング空間を作ってくださいね♪

 

 


この記事に関連した商品

¥ 25,800〜(税別)

¥ 29,800〜(税別)

¥ 45,800〜(税別)

¥ 61,800〜(税別)

この記事を書いた人

yukari

お客様担当 Yさん

お客様担当として、普段お問い合わせ頂く疑問やご相談をもとにコラムを更新します。 また女性目線で商品選びのアドバイスや提案をしていきたいと思っています!

ライター 一覧

過去の記事

ページトップへ