リビングにお勧めしたいソファとレイアウトイメージ [2016.02.26]

リビングは家族が集まってくつろぐ空間であり、来客時におもてなしをする場所でもあります。

そんなリビングにおいて、ソファは主役級の家具と言えるでしょう。

 

今回は、これからリビング用ソファを新調される方のため、リビングにぴったりなソファをご紹介いたします!

 

特に、引越しを機に新しくソファ購入される場合はレイアウトも一から考えなくてはなりません。

レイアウトのイメージを膨らませる参考にしてください♪

 

レイアウトを決める時に注意したいポイント

リビングでソファのレイアウトを決める際に気を付けたいのが、テレビとの距離です。

 

理想的な距離はテレビのサイズによって変わってくることはご存知でしょうか。

一般的に、目から画面までの適正な視聴距離は「テレビ画面の高さの約3倍」と言われています。
 

よって、テレビとソファは同時にレイアウトを決めると良いでしょう。

 

(2)040106238_g_009_bt_interior_m_600

 

窓の位置にも配慮が必要です。

 

直射日光が差し込む位置にテレビがあると、画面が見辛いだけでなくテレビが痛む原因になります。
逆光の場合でも同様です。

 

ソファに座った時に外の景色が見えるのは気持ちが良いものですが、西日が差し込みまぶしくてくつろげない、という状況も避けたいところです。
本革のソファの場合は、直射日光を浴び続けると変色・変形の原因になります。

 

また、小さな子供がいる家庭の場合、高い位置にある窓のすぐ下にソファを配置すると、子供がソファに登って転落してしまう危険性があります。

 

安心してくつろげるリビングになるよう、ベストなレイアウトを考えてみてくださいね。

 

リビングにお勧めのメソファとレイアウト

カウチスタイル/オットマンスタイルに切り替え可能なソファ

(3)040102861_g_005_bt_interior_m_600

(4)040102861_w_71_wg_04


こちらは座面のクッションとスツールを入れ替えるだけでレイアウトが変えられるカウチソファです。

左右どこでも足を伸ばして座ることが出来ますし、オットマンスタイルとしても使用できます。

 

(5)040102861_g_016_bt_interior_m_600 (1)

 

普段は足を伸ばしてゆったり座り、来客時には3人掛け+スツールに早変わり。

状況に応じてレイアウトが変えられるのは便利ですよね。

 

脚を乗せる部分があるソファを選ぶ際には、一緒に使うテーブルのサイズやレイアウトはどうするか、生活動線は確保されるかなど、購入前にイメージしておくことをお忘れなく。


◆お勧めカウチソファ◆
 ・コーナーカウチソファ【OLIVEA】オリヴィア
 ・コーナーカウチソファ【OSWELL】オズウェル
 ・ヴィンテージコーナーカウチソファ【Regard-J】レガード・ジェイ

 

家族みんなでくつろぐならコーナーソファ

3人以上での使用ならコーナーソファがオススメです。

コーナーソファは家族みんなで座ってコミュニケーションを取ることに適しています。
向かい合って視線を合わせている時よりも、L字に座っている時のほうがリラックスして話すことができます

 

(6)040103913_g_013_bt_interior_m_600

 

部屋の隅にレイアウトすれば空間を広く使うことが出来ます。

また、リビングとダイニングの中間にレイアウトすれば空間を分ける仕切りの役割も果たしてくれます。

 

(7)040102802_w_71_wg_08

 

分割タイプのコーナーソファならレイアウトが自由自在です。

コーナースタイルはもちろん、横一列につなげたり、座椅子のように単品で使ったり…
部屋の広さやシーンに合わせたレイアウトが可能です。

分割できると移動も簡単なるので、模様替えも楽しみの一つになりそうです。

 

◆お勧めコーナーソファ◆
 ・モダンデザインコーナーソファ【Schild】シルト
 ・フロアコーナーソファ【OLIONA】オリオナ
 ・カバーリングフロアコーナーソファ【Leeble】リーブル

 

来客にも対応できるソファセット

(8)040107321_g_012_bt_interior_m_600 (1)

 

リビングスペースに余裕がある場合は、2人掛け+3人掛けなど、サイズ違いのソファを組み合わせてレイアウトする家庭も多いでしょう。セットで2台並べれば応接空間に。


この場合もコーナーソファと同じく、L字に配置することで正面に向かい合った時よりもリラックスして会話を楽しめる効果があります。

 

(9)040102916_g_007_bt_interior_m_600


オシャレなリビングを目指すなら木肘ソファはいかがでしょうか。

あえて対面にレイアウトすれば、リビングがまるでカフェ風の空間に。

 

狭いリビングならリビングとダイニングを兼用させるという手もあります。

ダイニングテーブルを使わないでソファセットとテーブルを用意すれば、限られたスペースを有効活用することができますよ。

 

◆お勧めソファセット◆
 ・シンプルモダンシリーズ【BLACK】ブラック
 ・ソファ&ローテーブルセット【Glanta】グレンタ

 

最後に

リビングの広さ家族の人数、そして使い方やくつろぎ方から理想的なソファを見つけ出してください。

新居用のソファを選ぶなら、引越し後の生活スタイルのイメージを膨らませてレイアウトを決めましょう。

 

また、せっかく選んだソファがリビングまで運べない…ということにならないよう、事前に搬入経路を確認することもお忘れなく!

 

 


この記事に関連した商品

¥ 31,900〜(税別)

¥ 45,800〜(税別)

¥ 61,800〜(税別)

¥ 20,800〜(税別)

この記事を書いた人

yukari

お客様担当 Yさん

お客様担当として、普段お問い合わせ頂く疑問やご相談をもとにコラムを更新します。 また女性目線で商品選びのアドバイスや提案をしていきたいと思っています!

ライター 一覧

過去の記事

ページトップへ