狭いリビングでもソファを置きたい!ソファ選びのポイント [2016.02.12]

ソファは大きく存在感があり、リビングの顔になる家具といえます。

 

広いリビングならソファ選びの夢が膨らみますが、狭いリビングの場合は、ソファを置くこと自体を諦めてしまう方も多いのでは?

 

選び方次第で、狭いリビングでもスペースを有効活用することができますよ。

今回は狭いリビングにお悩みの方のため、ソファ選びのポイントをまとめてみました。

 

狭いリビングに適したコンパクトサイズのソファ

2.040105018_g_008_bt_interior_m_600


お部屋が狭くたって、やっぱり自分だけの特等席は欲しい物ですよね…!
コンパクトソファなら省スペースでくつろぐことができますし、動線もしっかり確保できます。

 

3.040107997_g_009_600

 

ヴィンテージ風、モダン風、北欧風など、オシャレな雰囲気のある木肘ソファ。
一人掛けサイズも豊富に揃ってますので、自分だけのお気に入りの一台を置いてみてはいかがでしょうか?

 

〉〉木肘ソファ一覧

 

 

4.040102950_g_072_bt_sofa_ch_600

 

リラックスを重視したいならリクライニング機能付きのカウチソファがオススメです。
普段はコンパクトサイズで、くつろぐ時だけ背もたれや肘掛を倒して広く使うことが出来ます。


〉〉カウチソファ一覧

 

狭いリビングに置くソファの選び方

狭いリビングにソファを置く場合、大きさ以外にも気を付けたいポイントがあります。

 

1.リビングに溶け込む色を選ぶ

狭いリビングにソファを置くなら、リビングに溶け込む色を選びましょう。

壁の色や床の色など、リビングの中で多く使われている色は何色でしょうか?

 

5.1040102865_w_001_wg_011

 

▲白い壁×白いソファ

 

5-2qz-011-1g

 

▲フローリング×ベージュのソファ

 

このように、リビング空間で多く使われている色や相性のいい色を選ぶことで、ソファが必要以上に目立たず、溶け込み、圧迫感を軽減させることができるのです。

 

もちろんその他のインテリアとの調和も大切です。
どんなカラーを選べばリビングになじむのか、よく考えて選んでみてください。

主張の強いカラーや柄物はNGですよ!

 

2.座面の低いソファを選ぶ

6.040101400_g_012_bt_interior_m_600

 

ローソファは高さが無い分解放感があり壁が多く見えるので部屋を広く感じさせることが出来ます。

比較的軽量で掃除や模様替えも楽というメリットもあります。

 

また、床に近い生活は日本人らしくて落ち着くという方も多いでしょう。
実際にずっと床に座る生活は疲れてしまいますが、ローソファなら腰が疲れることもないし、足を伸ばしてゆったりくつろげます。

座椅子とソファの間のようなローソファ、いかがでしょうか。

 

3.アームレスデザインを選ぶ

7.040103916_g_003_bt_interior_m_600


アームレスソファは肘掛が無い分座面が広くなり、コンパクトサイズでもゆったりとくつろぐことが出来ます。

手を置きたい、ゴロンと寝ころぶ時に枕代わりにしたい…という方はアームレスソファに違和感があるかもしれません。

でも、シンプルでスッキリした印象で、狭いリビングにはぴったりな形ですよ!

 

最後に

狭いリビングだからってソファをあきらめることはありません。
大事なのは選び方です。

面積・体積が小さいソファをひたすら探すのではなく、必要以上に大きく見せない色や形を考えて探してみてください!

 

 


狭いリビングにオススメのソファ

¥ 16,800〜(税別)

¥ 15,800〜(税別)

¥ 14,800〜(税別)

¥ 29,800〜(税別)

この記事を書いた人

yukari

お客様担当 Yさん

お客様担当として、普段お問い合わせ頂く疑問やご相談をもとにコラムを更新します。 また女性目線で商品選びのアドバイスや提案をしていきたいと思っています!

ライター 一覧

過去の記事

ページトップへ