寝室のレイアウト、バリエーション8選 [2016.02.02]

どうも!保守担当Sです!

 

まだまだ寒い日が続いてますね。

毎日家に帰ると外気と室内の温度の差で、メガネが真っ白に曇る毎日を過ごしております。

 

室内って冬はあまり換気もしないから、かなり湿度も上がるんですよね。

すると部屋の隅からカビがうようよ・・

 

とくに寝室は北側にあることも多いため、いくら換気をしてもなかなかすっきりしません。

 

そこで、今日は気持ちよく過ごせる寝室レイアウト8選をご紹介!

寝室を暖かく、気持ちよく過ごしましょう!

 

 

だめな寝室レイアウト

まずは、だめな例。

こんな風に寝室をレイアウトしないように注意しましょう。

beach-style-bedroom

出典:simplemodern-interior.jp/

 

窓付近にベッドを配置しない。

むかし僕もやってしまいました。

 

朝起きる時、どうしてもさっとカーテンがあけたいから(起きられないから)と、

窓の横にベッドを配置してました。

 

窓の付近はどうしても空気が冷えるし、寒暖の差で結露がでてしまいます。

布団が水分をすえば、カビの原因になってしまいますよね。

 

ベッドは窓際からは、なるべく離して設置しましょう。

 

 

良い寝室レイアウト

 

1、部屋のセンターに大きめベッドを配置

 

simplemodern-interior.jp:

出典:simplemodern-interior.jp/

 

まずはシンプルに、部屋の中心にベッドをレイアウトする方法。

ベッドの周囲に家具をおいても周りを周回できるし、部屋の四隅が空くので、空いたスペースに観葉植物や照明器具なども置けます。

「寝室は寝るための部屋だから、ベッド本体にお金をかけたいわ」という、大きめベットを好まれる方にはおすすめのレイアウトです。

 

2、シングルベッドを2セット離して設置する

 

iemo.jp:

出典:iemo.jp/

 

子供部屋や、夫婦でも体感温度が極端に違うなど「別々に寝たい」派の方におすすめのレイアウト。

ホテルのツインルームのように真ん中に小さなサイドテーブルや化粧台をおくと、ワンクッションになっていいですね。

「旦那のいびきがうるさいわ!!!」なんて人にはとってもおすすめです。

 

3、シングルベッドを2セットくっ付けて設置する

 

040113825_w_02_wg_071

 

小さなお子様兄弟や、「今の所」仲のいい夫婦にはおすすめのレイアウト。

将来もう一人こどもを予定しているけど、いまは寝かしつけの時だけ一緒に寝てる方など、とっても便利ですね。

シングルベッドではこどもと二人で寝ると狭いし、ダブルでは大きすぎますもんね。

 

始めは大きくても、近い将来分けて使いたい方にはぴったりです。

 

4、テレビをおく時

 

modern-bedroom

 

寝る前にテレビを見てのんびり過ごしたい。

そんな方もいると思います。

テレビをおく場合の良いレイアウトのポイントは、「ベッドに寝た時に、テレビがちょうどいい場所に来るように設置する」ことです。

 

ベッドとほぼ同じ高さにしてしまうと、寝転んだ時に見にくくなってしまいます。

すこし高めの位置に設置するといいでしょう。

 

5、ベットの上を収納スペースに

 

modern-bedroom-1

 

寝室にちいさな本棚をおいたり、一人暮らしや子供部屋の場合は、デスクの隣にベッドなんてこともあると思います。

部屋が狭いと、ベッド、本棚、机とおくと結構苦しくなってしまいますよね。

 

そんなときは、ベッドの上の空間を利用しましょう。

壁掛け収納をベッド上に設置すれば、空間が広く使えます。

 

ただ、ものが落ちてこないよう、対策は必要ですよね・・・

 

 

6、ローベッドで広々空間

 

040117579_w_02_wg_06

 

空間を広く見せたいなら、ローベッドがおすすめです。

その分、ベッド下の収納スペースはなくなってしまうので、少しものが少ない人向けのレイアウトなのかもしれません。

大きいベッドを好まれる方にも、部屋の圧迫感をなくせるのでおすすめです。

 

7、ベッドの横にデスク

 

traditional-bedroom

 

「日記を書いたり、一杯のミルクやほっとレモンを飲んでから寝る」といった人は寝室にデスクがあった方が良いですよね。

小さめのデスクをサイドテーブルと兼ねておいておけば、さほどレイアウトも難しくないと思います。

 

何かモノづくりをしている方で、おもいついたら必ずメモを取ってるの!なんて人にも良いかもしれませんね。


8、寝室にソファを一脚

 

f9e2a20c2fb085e3496907972aabee014f442189

 

寝室は眠るための部屋ですが、眠る前のゆったりした時間も大事。

ご夫婦での会話の時間や、のんびりと本を読む時間だったりもします。

 

寝室にお気に入りのソファが一脚あると、そんな時間をサポートしてくれますよ。

「ベッドに座って」というのも良いかもしれませんが、ソファ一つで生活スタイルが突然リッチな気分になりますよ!

 

まとめ

いかがでしょうか?

目的によって、様々なレイアウトができますよね。

 

ベッドはどうしても大きいので、リビングのように大幅に変えることは出来ないかもしれませんが、

来年度の新生活をより快適に過ごすために、ちょっとだけ配置の見直しをやってみませんか?


良い寝室レイアウトが出来るベッド&1人がけソファ

¥ 24,800〜(税別)

¥ 31,800〜(税別)

¥ 77,800〜(税別)

この記事を書いた人

sakurai

保守担当S くん

「わかりやすく、買いやすい」を目指して、日々デザインやシステムの更新をしています!自分や家族が当店の家具を使うとしたら・・・なんてことを考えながら、ユーザー様に寄り添った商品をご紹介致します。

ライター 一覧

過去の記事

ページトップへ