引越し前に決めておこう!新居の家具の配置 [2016.01.29]

引越し先での新生活を快適に迎えるためには、事前の準備や計画が重要です。

 

新居を決める時って、「ここにソファを置いて…ここにベッドを置いて…」と、想像が膨みますよね。

そのなんとなくの配置のイメージは、引越し当日までに具体的なものにしなければなりません!


「実際に引っ越してみないとわからないから、大体しか決めてない」
「部屋の広さは今と変わらないから、同じように家具を配置するつもり」

 

…このように曖昧な状態で引越し当日を迎えてしまうと、あとから後悔することになるかもしれません(>_<)!!

 

配置を決めておくべき理由

例えば引越し業者さんに運んでもらう大型の家具や家電。

 

配置する場所をしっかり決めておらず、その場で場所を考えながら指示を出していたらスムーズに作業が進みませんよね。
引越し業者さんにも迷惑をかけてしまいます。

 

また、とりあえず適当な場所に置いてもらってあとから自分で移動する、というのは思っている以上に大変な作業です。
慣れていない人が行えば家具を傷つけたりケガをしたりする恐れもあります。

 

せっかく頼んで運んでもらうのですから、そのまま希望の場所に設置してもらうべきです!


その他の荷物も例外ではありません。

あらかじめ運ぶべき部屋や配置を決めておけば、スムーズに引越し作業が終わりますし、すぐに生活をスタートさせることができます。あとから余計な苦労をすることがないのです!

 

配置決めのポイント

部屋を計測しよう

bunbougu_measure

 

まずは部屋の各辺のサイズ天井までの高さなど、メジャーで測って図面に書き込んでいきましょう!

大型家具が全て配置できるか判断するための重要な情報になります。

壁がでっぱっている場所もチェックしておくことを忘れずに。

 

この時、クローゼットや押し入れなど収納スペース内も測っておくと、「広いから収納家具を減らせそうだ」とか、「狭いから荷物をたくさん処分しなくては!」という判断にも役立ちます。

 

コンセントに注意!

配置決めの際に忘れがちなのが、コンセントの位置の確認です。

 

コンセントが大きな家具の後ろに隠れてしまった…!!
家電のコードが届かなかった…!!

 

などなど、あとから不便な思いをするのは避けたいところです。


場所によっては延長コードをあらかじめ用意すべき場合もありますので、家電の配置はコンセントの位置を確認したうえで決めていきましょう。

 

窓の位置の確認

cartain

 

窓の位置や大きさも確認が必要です。

 

例えばテレビを配置する場合、窓の位置によって日光が差し込んだり逆光になったりして画面が見辛くなる場合があります。それに、直射日光はテレビが傷む原因にもなりますので注意しなくてはなりません。

 

ベッドは窓にピッタリくっつけてしまうと、冬は冷たい空気で体を冷やすことになりますし、梅雨の時期はカビの発生も心配です。

 

このように家具の置き方が左右されますので、窓の位置・大きさの確認も必須になります。

 

また、カーテンは引越し前に用意するアイテムの一つですよね。周りに配置する家具との相性を考えながら、どんなデザインのカーテンを購入するか同時に考えることが出来ます。

 

エアコンの位置の確認

エアコンの真下に家具を置くのはなるべく避けたほうが良いでしょう。
特に背の高い家具の場合、風が直接家具にあたるためエアコンの効果が十分に得られなくなってしまいます。
また、家具に溜まったホコリを巻き上げることにもなります。

 

イメージは平面的ではなく立体的に

平面的に考えて家具が配置できそうだったとしても、実際には使い勝手が悪かったり動線の妨げになったりする場合があります。

 

例えば…

・扉や引き出しが付いた家具は、開閉させるのに必要なスペースまで考えられているか?
・クローゼットや押し入れの前に、荷物を出し入れをするスペースが確保されているか?
・ダイニングテーブルやデスクは、イスを引いて座っても通路に余裕があるか?
背の高い家具を配置する場所は、天井にでっぱりが無いか?周りの家具との高さ・バランスがとれているか?


…など、その部屋で生活する自分の行動や目線までよくイメージしてみてください!

図面上だけでなく立体的に想像ができていれば、思わぬ失敗に陥ることも無くなるでしょう。

 

視線の抜け道を意識する

解放感のある空間にしたいなら、視線の抜け道を意識して家具を配置しましょう。


部屋に入って最初に視線が向く場所にドンっと大きな家具が配置してあると圧迫感がありますので、入口側の壁に配置することをお勧めします!
視線の先はなるべく背の低い家具を配置する、又は何も置かなければ、部屋が開放感のある印象になるでしょう。

 

配置図を作ってみよう!

job_kenchikuka_woman - コピー

 

以上のポイントを踏まえて、実際に配置図を作ってみましょう!

すべての条件をクリアにするのはなかなか難しいと思います…なので、譲れない条件にしぼって考えてみてください。

何パターンか作ってみると一番ベストな配置が決まってくるはずです。

 

家具はあまり詰め込み過ぎず余裕を持った配置を考えましょう。

いくらサイズを測ったとはいえ、多少の誤差が生じることもあります。

 

完成したら、あとは引越し当日に業者さんに配置図を渡すだけ!

その通りに家具を運んでもらえるので、いちいち指示をする必要もなくなります。

 

最後に

引越しはただでさえ荷物の整理が大変なのに、家具の配置換えなんてやってられませんよね。

配置決めができているか否かで、引越し後の負担が変わってきます。
引越しと同時に快適な新生活をスタートさせましょう!

 

 


新しく揃えるならこちら!おすすめソファセット

¥ 22,800〜(税別)

¥ 20,800〜(税別)

¥ 45,800〜(税別)

この記事を書いた人

yukari

お客様担当 Yさん

お客様担当として、普段お問い合わせ頂く疑問やご相談をもとにコラムを更新します。 また女性目線で商品選びのアドバイスや提案をしていきたいと思っています!

ライター 一覧

過去の記事

ページトップへ