一日で終わる!大掃除リストの作り方 [2015.12.18]

いよいよ年末が近づいてきました。
年末といえば大掃除
家中を綺麗にして気持ちよく新年を迎えたいですね。

 

日ごろからマメに掃除をしている綺麗好きさんは、楽に大掃除を終えることができると思います。

家にいることが多い方も、何日かにわけて無理なく大掃除に取り掛かれますね。

 

ですが、「仕事が中心の生活のため、大掃除は年末休みに一気にやるしかない!」…という方もいらっしゃるでしょう。憂鬱ですよね、でもこういうタイミングを逃すとまたいつ出来るかわからないし…。

 

そんな方のため、今回は 一日で手早く大掃除を終わらせる方法 をご紹介します!

 

大掃除の計画を立てるべし!

大掃除を早く確実に終わらせるためには2つポイントがあります。

 

まず、しっかり計画を立てることです。
そして、完璧にやり切ろうと思わないことです(笑)

 

短時間ですべての場所を完璧にキレイにするのは難しいです。
「来年からは定期的に掃除しよう!」と考え、今回はとりあえず、特に気になる場所・気になるポイントを選んで掃除することにしましょう。

 

とはいえ、目についたところから大掃除を始めるのはNGです!
無計画に進めてしまうと、1つの場所に予想外に時間をかけすぎてしまった…とか、
先にやるべきだった場所を結局やり残したまま1月になってしまった…という失敗に陥りがちです。

 

大掃除に使える限られた時間を無駄にしないためにも、計画を立てることはとても重要なのです!

これは年末休みに入る前にあらかじめ考えておいてくださいね。

 

大掃除の計画&チェックリストの作りかた

1. 掃除したい場所をリストアップする

まずは日ごろから「キレイにしたいな~」と気になっていた場所を、箇条書きでどんどんピックアップしてみてください。

 

【 リストの例:場所のピックアップ 】
・台所
・リビング
・ベランダ
・玄関
・クローゼットの中
・洗面所
・トイレ

 

2. どの程度キレイにしたいのか決める

リストアップした場所ごとに、今回の大掃除のゴール地点を決めます。

 

掃除し始めるとやる気スイッチが入って、とことんやり切りたいという気持ちになるかもしれません。
でも、時間は限られています。1つの場所にこだわっていると他の場所を掃除する時間が無くなってしまいます。
なので「この場所はこの程度まで掃除したら終わり。」と先に決めてしまうのです。


先にゴールを決めてしまえば、次の場所に取り掛かる切り替えができます。
すべての場所を完璧にする必要はないのです。残った課題は、また日ごろのお掃除で取り掛かればいいのですから。

 

 

【 リストの例 :やることを決める 】
・台所 → シンクの水垢を落とす、キッチン用品の整理整頓
・リビング → 窓ふき、掃除機をかける
・ベランダ → 掃き掃除
・玄関 → 靴の処分、掃き掃除
・クローゼットの中 → いらない物の処分
・洗面所 → シンクの水垢を落とす
・トイレ → 便器と床をピカピカにする

 

040106087_g_017_bt_interior_m_600

 

3. 優先順位を決める

次に、大掃除に取り掛かる場所の優先順位を決めます。

 

気分よく新年を迎えるためには、毎日使う場所・目につく場所をキレイにすることが優先です。
例えばクローゼットや押入れの中など、「今すぐ片付けないと気になる!」という場所ではなければ後回しにしましょう。
先に手を付けると余計に部屋を散らかしかねません。思い出に浸ってしまう危険性もあります(^^;)

 

優先順位を考えてみると、「絶対年内に掃除したい!」という場所と、「最悪、来年に持ち越してもいいかな…」という場所が出てくることでしょう。

 

さらにそこから、効率よく終わらせることが出来る順番を意識してスケジュールを組んでみてください。
・掃除の基本である上から下(ホコリが出る掃除をしてから床掃除をする)という順番に気を使う
・同じ掃除道具を使う場所があればまとめて取り掛かる
・水回りなど、洗剤のつけ置きをしたい場所があれば先に取り掛かって放置しておく

 

 

【 リストの例 :優先順位を決める 】

① 台所 → シンクの水垢を落とす、キッチン用品の整理整頓
② 洗面所 → シンクの水垢を落とす
③ トイレ → 便器と床をピカピカにする
④ ベランダ → 掃き掃除
⑤ 玄関 → 靴の処分、掃き掃除
⑥ リビング → 窓ふき、掃除機をかける
⑦ クローゼットの中 → いらない物の処分


 

040709064_g_010_bt_interior_m_600 - コピー

 

4. だいたいの所要時間を想定する

掃除する場所の順番が決まったら、だいたいの所要時間をあらかじめ想定しておきましょう。
せっかく計画を立てても、時間が足りなかったら実現はできません。本当に1日で終わるのか確認してください。

 

もし無理なら、短い時間で終わりそうな場所は休み前にやっておこう。優先順位が低い場所は、今回は諦めよう。という判断が必要です。

 

休憩時間もしっかり入れて想定してくださいね。また、想定外の出来事があっても良いように各所要時間は長めに考えておきましょう。
実現できる無理のないスケジュールを組むことが出来れば、大掃除のチェックリストは完成です!!

 

 

【 リストの例 :所要時間を想定する 】
① 台所 → シンクの水垢を落とす、キッチン用品の整理整頓 (1時間)
② 洗面所 → シンクの水垢を落とす (30分)
③ トイレ → 便器と床をピカピカにする (30分)
④ ベランダ → 掃き掃除 (20分)
⑤ 玄関 → 靴の処分、掃き掃除 (20分)
⑥ リビング → 窓ふき、掃除機をかける (30分)
⑦ クローゼットの中 → いらない物の処分 (1時間)

 

大掃除の日を迎える前に…さらに効率をアップさせるためのポイント

掃除道具のチェック

当日になって、雑巾や洗剤などが足りない…となると大掃除が中断されてしまいます。
チェックリストをもとに、必要な掃除道具は準備しておきましょう。


ごみ袋・ゴミ箱の用意

大掃除の時は、普段出ないようなゴミが多数出てくると思います。
「これは可燃?不燃?」と分別に迷ってしまうこともあるでしょう。


そういう場合でも、とりあえず気にせずにどんどん捨ててしまうゴミ袋や段ボールを用意しておきましょう。
とりあえず入れておいて、また別のタイミングにゆっくり仕分けして処分すればいいのです。
大掃除の最中にいちいち分別に迷っていては余計な時間がかかってしまいます。まずはその場をキレイにすることだけを考えましょう!


当日の食事の用意

お昼ごはんと夜ごはんの時間になった時にさっと食事が出来るようにあらかじめ用意する、または何を作るか決めておきましょう。
休憩時のおやつや水分も用意しておくといいでしょう。

 

天気予報を確認しておく

大掃除中に窓を開けて部屋の空気を入れ替えたくても、雨の日では湿気が多いですし、気温が低い日では寒すぎて掃除がはかどりません。


また、たくさん洗濯をしたい!大掃除中に布団やラグを干したい!と思っていても天気が悪くては諦めることになってしまいます。
何日か候補があるのでしたら、事前に週間天気予報を確認して、なるべく晴れていて暖かい日を大掃除の日と決めましょう。

 

040709056_g_013_bt_interior_m_600

 

最後に

限られた時間でも手早く確実に大掃除を終わらせるためには、事前準備が重要ということがおわかり頂けたでしょうか?

 

いままで手当たり次第に大掃除をしていたという方は、是非今年は事前に計画を立ててから挑んでみてください。

チェックリストを作ることで、項目を消していく達成感もありますよ!

1日しかなくても、できる限りキレイにして気持ちよく新年を迎えましょう。

 

 

 


洗濯できる!カバーリングソファ

¥ 71,800〜(税別)

¥ 32,800〜(税別)

この記事を書いた人

yukari

お客様担当 Yさん

お客様担当として、普段お問い合わせ頂く疑問やご相談をもとにコラムを更新します。 また女性目線で商品選びのアドバイスや提案をしていきたいと思っています!

ライター 一覧

過去の記事

ページトップへ