夫婦で趣味が違う!インテリアがうまく行かない時 [2015.12.08]

どうも!保守担当Sです。

夫婦って難しいですよね。
お互いにわかり合ってるつもりでも、どうしても趣味が合わない
とくにお部屋のインテリアの事になると、毎日そこで過ごす訳だからどうしても譲れない。

「嫌いじゃないけれど、そのテイストのお部屋は嫌だなぁ・・・」

なんてことないですか?

そのまま何となく無難な部屋のまま過ごしてきちゃった。
もしくは、どちらかが折れて仕方なく過ごしてる人も多いはず。

そこで、今日は全然趣味の違うパートナーとでも、上手にインテリア選びができるコツをご紹介します。

 

そもそも、なにが問題なの?

まずは問題を見つめ直しましょう。
ただ趣味が合わないと言っても、細かく話して行くと以外と色々わかるもの。
例えば・・・

 

テイストの好みの違い

旦那さんはモノクロのスタイリッシュなものが好き。
でも奥さんは木目調などのあったかいものが好き。

もの自体が持つテイストの好みが違う場合はよくあります。


捉え方の違い

「北欧系の家具」といっても、捉え方が違う場合があります。
たとえば、旦那さんは下のようなカラフルなものを想像するかもしれません。

contemporary-living-room

出典:http://simplemodern-interior.jp/

 


でも、奥さんは細身で繊細なものをイメージしてるかもしれません。

040102776_w_001_wg_002

▲北欧風 木肘北欧ソファ【Herttoniemi】ヘルトニエミ

 

 

それでは意見が食い違うだけで終わってしまいますよね。

まずはお互い「こんなのどう?」と雑誌やネット等でイメージの確認をしてみましょう。


金銭的価値感の違い

金銭的な価値もなかなか合いにくいものですよね。
ソファに10万は当たり前って人もいるでしょうし、反対に5万でも高いと思う人もいます。

 


多くの問題はこんな所ではないでしょうか?
ただお互いのセンスで「これがいい!」と言っていても、解決にはなりません。
きちんと問題を整理して行けば、解決して行く気がしてきませんか?

 

解決1:お部屋単位でインテリアを担当する

まずは簡単な解決方法です。
どちらかが完全に妥協する方法になりますが、お部屋単位で担当を決めてしまうのも一つの解決方法です。
この場合は、その部屋で過ごす時間が長い人が担当する様にしましょう。

 

旦那さんは日中家にいないから、ベッドルームを担当。
ぐっすり落ちついて眠りたいという願いも叶えられます。
奥さんはお家で長時間過ごすので、リビングを担当。
気に入った家具に囲まれながら、長時間過ごせます。

と言った具合ですね。

 

大きな家具を買い替える場合、予算を同じくらいにする事も大切です。

奥さんが選んだソファは10万、旦那さんがベッドに使える予算は3万とかでは、
後々不満が出てしまいますもんね。

 

そこはお互い仲良く、「5万前後のものにしようね」と決めておきましょう。

 

解決2:お互いのセンスを尊重してみる

一部屋をそれぞれの重いどおりにするだけが解決ではありません。
問題点の所で書いた「捉え方の違い」。

 

まずは「こんなイメージのものが欲しいんだ」とお互いがイメージを伝え、
そのどちらにもあったものを探してみる・・・
なんてのも、面白い解決方法だと思いますよ。

 

例えば、ソファを買おうとします。
和風な木製アンティークが欲しい旦那さんと

040106370_w_006_wg_009

▲和風アンティーク 木肘レトロソファ【arttic】アーティック

 

カバーリングソファが欲しい奥さん。

040101500_w_014_wg_0033

▲カバーリングソファリジョイシリーズ 20色から選べる!カバーリングソファ

 

全くテイストも違うし、どうしようもないかな?と思ってしまいそうですが、ここは少し考えて。

 

アンティークで、尚且つゆったり深く座れるようなソファを探してみる。とか。

例えばこんなとか?(たとえばですよ!たとえば!)

040109551_w_01_wg_01

デザインソファ【CRESWELL】クレスウェル

 


どちらのセンスも大切にしてさらに少しだけ路線の違うものが手に入るかもしれません。

アートの世界でも、「目線は180度変えるんじゃなくて、ほんの少しだけずらすと面白い。」
なんて事も言ったりします。

お互いがほんの少しづつ譲ってみると、以外と面白い答えに近づくかもしれませんよ?


インテリア選びがうまく行かない場合の解決法

・まずはなにが問題なのかを見極めましょう

・捉え方の違いを確認し合うのもコツ

・担当するお部屋を決める

・お互いのセンスを尊重して、少しずつ譲り合ったものを検討してみる

 

まとめ

今日はインテリアがうまく行かない場合のコツをご紹介しましたが、いかがでしたか?
どうしても夫婦で話をすると、どちらかが我慢をする事になってしまいますもんねぇ。
少しずつ譲り合って、ちょうどいい所を見つけられるのが理想ですよね。

まぁ、結局のところ「譲り合いが大事」って事なんでしょうね!

 

 

 


この記事に登場した商品

¥ 15,800〜(税別)

¥ 15,800〜(税別)

¥ 45,800〜(税別)

この記事を書いた人

sakurai

保守担当S くん

「わかりやすく、買いやすい」を目指して、日々デザインやシステムの更新をしています!自分や家族が当店の家具を使うとしたら・・・なんてことを考えながら、ユーザー様に寄り添った商品をご紹介致します。

ライター 一覧

過去の記事

ページトップへ