超気持ちいい!!布団の洗い方と3つの注意点! [2015.12.03]

ふとんのクリーニングしてますか?

 

 

ふとんって干したりはちょくちょくしますが、洗う事ってあまりありませんよね!?

 

人は寝ている時にコップ一杯分の汗を掻くなんて言われています。

 

 

そんな量の汗を毎日吸い取ったふとんはかなり汚れていて、菌の温床になる事は容易に想像が出来ますよね!(-.-)

 

 

最近の布団は安くても機能の高い布団も沢山あります。僕が使っているシンサレート布団というやつは、価格もそんなに高くありませんが、丸洗いできるし、機能的にも暖か過ぎて逆に汗を掻いてしまうほどです!ですので布団が吸い取ってる汗の量も多いと思います。

 

それで、実際に布団を洗おうと思っても自宅で洗うのは中々大変そう・・・・

 

あまりイメージが湧きませんしメンドクサソウ。。。

 

 

そこでパッと思いつくのがファブリーズ!!

 

 

 

シュッシュッ!!とやって除菌完了!

 

 

ファブリーズでふとんを丸洗い!みたいなCMがやってます。

 

 

ホントなんでしょうかね!!??(-_-)

 

 

汚れ自体が洗い流れる訳でもないですし、消し去るという訳でもなさそう・・

 

 

汚れ自体は残っている事になると思うんですが!!

 

 

 

僕的には「臭いものにフタ」みたいなイメージです。消臭のイメージ。。

ファブリーズの効果は?

どんな効果があるのか調べたところ。

 

もしダニを退治したい場合にはファブリーズは効果はありません、、、、、どうやら殺虫効果は無いらしいです。ですが、ファブリーズが効果が無いのかと言うとそんな事はありません。

殺虫効果は無いのですが、ダニのエサとなるカビ胞子を除去できるので結果的にダニを減らす効果があるとの事。

 

除菌という意味についてこんな事を書いてる記事もありました。

 

「 除菌とはそこに細菌が1億居て、1個でも取り除けば除菌が成立します。除菌の明確な定義は無いのです 」

 

こんな事を言ってて納得してしまいました。

 

※あくまでも一個人の意見ですので真実かどうかは分かりませんし、ファブリーズの効果を否定するものではありません。

 

 

ですので、僕的には汚れ、菌を洗い流さない限りはホントの解決にはならないと判断しました!

 

 

という事で汚れを洗い流す!という事を考えると、やっぱり丸洗いしなければという事で真っ先に思いつくのが

 

 

 

 

 

 

クリーニング屋に依頼する事。。

 

 

これは一番ラクそうで確実そうです。。。

 

 

しかし!!!!

 

 

ラクだという事はつまり( ;∀;)

 

 

お金を沢山払わなければならないという事です。。

 

 

色々調べてみました所、布団1枚につき4~6千円くらいかかって、時間も2週間くらいかかる模様・・・・・・

 

 

例えば式布団(ベッドパッド)と掛布ふとんを依頼すると8~10000円くらいは掛かってしまいそうです(-ω-)/

 

 

結構痛い出費となります。よって却下!!!

 

 

 

一番間違いのない方法で、万が一何かあった時の保険にもなりますのでお金に余裕のある方は依頼してみてもよさそうです(=゚ω゚)ノ

 

 

 

 

もっとコスパの高い他の方法を探してみると。。。。。

 

 

 

 

次に考えられるのはコインランドリ-

 

 

これが一番現実的そう(*’▽’)

 

 

料金的にはだいたいですが、洗浄、乾燥までで1枚当たり高くても2000円程度で済みそうです。

クリーニングに出した場合の半額で済むと言ったところですね!

 

 

世の中便利ですねホント!!

 

 

 

でも気になる事が・・・コインランドリーの洗濯機の衛生面はどうなのか!!??

 

今時はモラルに欠ける事を平気でやってしまう人もすくなくありません。

 

 

とんでもなく汚いものとか、ペット用品とか、使用を遠慮されるような物を平気で洗う人は多いんじゃないかと思うのです。禁止の物でもへっちゃらで洗う奴は必ず居ます!!\(◎o◎)/!

 

 

洗濯槽が汚れていたら元も子もありませんからね_(._.)_

 

 

気になる方は管理人の方に衛生面の対策を確認してみた方が良いかもしれませんね。

便利なコインランドリーで布団を洗う際にはいくつか注意点があります。

布団なら何でもかんでも洗える訳じゃないです!

 

1:布団対応の大型の洗濯機、乾燥機が置いてあるコインランドリーを探しましょう!

 

2:洗いたい布団をチェックしましょう。

 

《洗うとダメになり易い布団》

 

◦昔ながらの綿を使った和布団

洗うと中の綿が塊になって使い物にならなくなります。

ポリエステルなどの化学繊維との混合素材なら少し縮むくらい

 

◦キルティング加工の無い布団

キルティング加工とは布団の中身がバラバラになったり淵に偏ったりしないように内部を分割している構造の事。この加工が無いと中身が偏ったりばらばらになります。

 

◦羊毛布団

羊毛は洗うと縮みます

 

 

キルティング加工が無い布団でどうしても洗いたい場合は、布団を紐で4ヶ所くらい縛って洗うと偏る事を防げます。縛る感じを人間の身体で例えると首、腹、膝上、足首みたいな感じで縛ります。そうすると偏る事を防げます。

 

 

この布団を縛って洗うという方法はキルティング加工がされている布団の場合でも有効な方法で、コンパクトになる分、小さな洗濯機で洗えるようになるために料金も安くできます。

 

3:布団の大きさに合った洗濯機の選び方

 

洗濯機の中が布団でパンパンになって隙間が無くなるのはNGです。すすぎ残しなどの原因となってしまいます。洗濯機の中で布団が3分の2を占めるくらいが理想です。

 

 

洗濯が終わったら乾燥機へ

 

この時、羽毛布団などの場合あまりにもペシャンコ過ぎてびっくりしますが

乾燥するにつれてふっくらと仕上がってきますので心配は要りません。

 

終了後、まだ少し湿っているかもなので、干したり、布団乾燥機をかけたりすると完璧です(=゚ω゚)ノ

 

 

コインランドリーだと1枚当たり2000円未満で抑える事ができますので定期的に洗う事をお勧めします!!

 

プラスで2日に一回くらいファブリーズを駆使すればさらに完璧です!鉄壁となりますm(__)m


おすすめふとん

¥ 20,800〜(税別)

¥ 31,800〜(税別)

この記事を書いた人

koe

店長 こえっちさん

こんにちは。店長のこえっちです。本名は小江正幸(こえ まさゆき)と言います。昔っからこえっちと呼ばれています。年齢は33歳です。趣味は釣り、ゴルフ、音楽鑑賞です。それと独身です(-_-) ソファベッド通販専門館を運営し始めて3年が経ちます。やっとこさ商品点数も増えてきて形になってきたなって感じですが、当店は「 家具一筋 」みたいな家具屋ではありません。←(専門館ちゃうんかい~) 「 職人がこだわり抜いて作った高級家具 」とか全然興味がありません。 そーゆーソファ、ベッドも扱っていますけど(笑)でも、そうゆう家具に興味がある方はこのサイトに出会う事は無いと思います。 それよりも「 手頃で良いモノをどこよりも安く便利に提供する 」事にフォーカスしています。今時は手頃なもので十分!!って人は多いと思います。そうゆう方に価値を提供できるようなサイト作りを心掛けています。通販はトラブルも多いですし、支払い方によっては目の前に無い商品に対してお金を払う事になるので不安も大きいかと思いますが、少しでもお客様の不安を拭えるように試行錯誤して様々な事に取り組んでいます。どうしても購入に対しての不安や不明な点などがある場合はお電話でご質問を頂いても構いません。平日の10時~17時30分の間なら問題無くご対応できると思いますので、ご連絡おまちしています!

ライター 一覧

過去の記事

ページトップへ