寝ながらスマホしてません?ベッドの環境を整えねば・・・ [2015.10.13]

どうも!保守担当Sです!

 

みなさん、寝ながらスマホってしてません?

寝る前にぐだぐだぐだぐだスマホいじっちゃいますよねー。だいたい2時間ぐらい見ますよねー。しかも、上向いて寝ながらスマホしてると、顔に落ちてきますよね。痛いですよね。だからこんどはうつぶせになって肘をついて寝ながらスマホしてると、今度は肘が痛くなってくるんですよね。仕方ないから、横向きですよ。横。そんなこんなしてると、今度は充電がなくなってきて、ちょっと離れたコンセントから無理矢理つないで、変な体勢になって。それでも寝ながらスマホしてる訳ですよ。・・もう中毒ですよね。

これは、早急に環境を整えなければ!!!!

 

世の中にはこんな馬鹿げたものも有ります。

c2467032-s

Photo:MWE Labs

すごいすね。もうコックピットですよ。寝ながらスマホじゃなくて、寝ながらPCですが。作業して、昼寝して起きてそのまま作業して・・・そんなことも可能です。しかも84万ですって。男の子のあこがれではありますが、問題が有りすぎてかえません。

 

現実的な話をしよう

ネタはさておき、実際寝る前に何かすることは多いと思います。スマホはもちろん、本を読んだり、ゲームをしたり、ストレッチをしたり。少し何かを食べてから寝る人もいますよね。ローマの休日でオードリー・ヘプバーンは必ずミルクとビスケットたべてましたし。

寝る前のゆったりした時間を大切にすることも、安眠につなげる大事なことなのかも知れません。

ベッドはもちろん寝る為のツールですが、「寝る前の時間の為の機能」もよく見てみるといいかもしれませんよ。

 

手元明かり、コンセントは必須

先ほどでてきた寝ながらスマホ。一日の終わりに使っているから、電池もギリギリだし、目覚まし時計を兼ねている場合も有ります。コンセントはやっぱりあった方がいいですよね。

手元明かりも素敵な夜の時間を過ごすには必須アイテム。寝る前に本を読んで、「いよいよ眠たくなってきたから寝よー」って時に、部屋の電気を消しに行かなきゃいけないと、また目も冴えてしまいますよね。

ベッドを買うときって、ついつい眠っているときのことばかり考えて寝心地を追求しがちですが、眠る前の時間も考えてみると、選択肢が広くなってきます!

040114225_w_02_wg_06

▲手元明かりが有れば、寝る前のひとときも有意義に

 

さっとしまえる収納も有ると便利

寝る前に本を読んで、さっと閉まっておける場所が有るとより便利ですよね。

サイドテーブルを置くというのも選択新一つですが、こんな形の収納が有ると、寝たまま本をしまえるので便利ですね!

040112676_w_02_01_07

サイド収納の有るベッドルアール

 

ムードも大切

機能的に整えることも重要ですが、ムードづくりも忘れずに。

先ほど紹介したベッドでは真上に向かってライトを照らしてるので、壁際にベッドを寄せれば間接照明に。

▼の写真にあるベッドでは一本ラインの照明を採用しているので、スタイリッシュな雰囲気も演出できます。

040112950_w_02_wg_05

これちょっと珍しいですよね!明るくするだけの機能ではなくて雰囲気づくりも出来るので、なかなかいい感じです!

もちろん、コンセントも付いてるから寝ながらスマホにも対応!?

 

まとめ

最近、年齢のせいなのか、寝ることって大事だなーと本気で思う様になりました。

ただ疲れて気絶する様に眠るのではなく、寝る前に落ちついてゆったりした時間を設けて、深い睡眠につける様に準備してあげる。

そんな時間を持つことも、大事なことなんだなぁと思う今日この頃です。

ベッドの購入を考えるときは、睡眠時間だけでなく、眠る直前の時間のことも少しだけ考えてみてはいかがですか?

 

 

 


この記事で出てきた商品

¥ 13,800〜(税別)

¥ 28,300〜(税別)

この記事を書いた人

sakurai

保守担当S くん

「わかりやすく、買いやすい」を目指して、日々デザインやシステムの更新をしています!自分や家族が当店の家具を使うとしたら・・・なんてことを考えながら、ユーザー様に寄り添った商品をご紹介致します。

ライター 一覧

過去の記事

ページトップへ